物件名
Project Name
Hiokiイノベーションセンター
Hioki Innovation Center
施主
Owner
日置電機株式会社
Hioki E.E. Corporation
設計
Archtect Office
株式会社 日建設計
NIKKEN SEKKEI Ltd
コンサルティングカテゴリー
Consulting Category
ガラスファサードコンサルティング
Glass Facade Consulting

 

イノベーションセンターにアプローチする1Fエントランスホールは、出来るだけシンプルで透明なガラスの箱でありながら、高い断熱性などの環境性能が求められるものでした。

そこで透明反射色のLOW-E複層ガラスを最小のポイント金物とこれを支える片持ちフレームで支持する構法を提案しました、このフレームは風圧に耐えるだけではなく、地震時にはヤジロベーのように傾いて変位を吸収することで高い耐震性能も実現しています。

また、小ぶりな風除室はその存在を主張しすぎないよう床から自立した強化合わせガラスと最小のフレームとの組み合わせだけで構成されています。

3F研究開発部門のオフィスでは素晴らしい眺望を生かしたフルハイトのガラスリブ構法が採用され、高透過合わせガラスリブを使用することで、スクリーンの透明性をあげています。

25/03/2014 Facade Engineering 写真1〜7 篠澤建築写真事務所 8〜9 黒澤清高 10 インターオフィス

2014 日本板硝子在籍時ワーク

コメントを残す

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit