Project

慶應義塾三田インフォメーションプラザ Keio Information Plaza

コンサルティングカテゴリー
Consulting Category
ファサードコンサルティング
Facade Consulting
設計
Archtect Office
株式会社 日建設計
NIKKENN SEKKEI LTD
施主
Owner
学校法人 慶應義塾
Keio University
写真撮影
Photo by
篠澤建築写真事務所
Shinozawa Architectural Photograph Office
ヤジロベー構造を生かした透明性の高いファサードをできるだけシンプルに実現する為、スティールを用いた上下階通し方立の最小断面カーテンウォールが提案されました。
これにより延焼部への対応を可能にすると共に、風圧時の撓みを抑え、地震時の上下動に対しシンプルに追従できるようにしています。層間変位に対してもFEMを用いた時刻歴の解析を行うことで高い安全性が確保されていることが確認できました。