Project

普門エリア 祈りの場 立正佼成会観音堂 Fumon-Area Pray-Stage Rissho Kosei-Kai Kannondou

コンサルティングカテゴリー
Consulting Category
ガラスファサードコンサルティング
Glass Facade Consulting
設計
Archtect Office
株式会社 入江三宅設計事務所
Irie Miyake Architects & Engineering
施主
Owner
立正佼成会
Rissho Kosei-Kai
写真撮影
Photo by
鈴木文人
Fumito Suzuki Photograph Office
普門エリアの整備計画に伴い、そのシンボルとして観音様を外部に設置しどこからでも拝み見ることができるように、出来るだけ透明なスキンで包み込みました。
各面が下部片持ち支持により自立した高透過強化SGP中間膜合わせガラスで屋根のガラスを支えコーナー目地内に最少の浮き止めのロッドを設置して万一のシールの破断にも対応しています。
汚れ対策に防汚処理コーティングを施し、透明でありながら、汚れにくいガラスBOXを実現しました。
また、ガラス幅(短辺)は3Mを超え国内最大級の幅を実現しています。
付近を通る多くの人々は、4方から拝む事ができる珍しい観音様をいつも楽しげに見ているそうです。
PROJECT LINK